こだわり:手づくりへのこだわり

大豆という生きた原料は、日々変化します。
その変化を見逃さず、常に最大限の味を引き出したいという想いがあり、またその想いを形にする職人の技術が岡村とうふにはあります。豆富の原料である大豆は生きているため、
時間・気温・気圧・天候・季節に左右されやすく、炊き上がりや豆乳の粘り(濃度など)が毎回変化します。
そのため、一定の動きしかできない機械では微妙な調整が出来にくいのです。しかし職人であればその都度、豆乳の状態を見ながら最良の調整が出来るのです。 それゆえに、岡村とうふは手作りにこだわるのです。